【世界遺産】韓国済州島の城山日出峰を観光してみた!アクセス情報は?

アニョン!かなこジュセヨ!

韓国の西南リゾート済州島(チェジュド)の世界遺産、城山日出峰を観光してきました!簡単なトレッキングができ、その頂上からの景色は圧巻!アクセス方法や日の出や日没時間によって変更する営業時間など紹介していきます!

済州島を訪れたからには、ぜひ一度は観光していただきたい名所です。

城山日出峰とは

城山日出峰は10万年前の海底噴火によって誕生した巨大な岩山で、2007年には「済州火山島と溶岩洞窟」としてユネスコ世界自然遺産にも登録され、多くの観光客が訪れています。海にぽっかり突き出ている城山日出峰をさまざまな角度から眺めることができるスポットも多く存在します。

城山日出峰は、綺麗に整備されたトレッキング道を30分ほど登ると登頂することができ、済州島を一望することができます。登山道は階段が続くので、動きやすい服装とスニーカーで行くことをおすすめします!

城山日出峰周辺では海女さんのショーや、モーターボートや乗馬などさまざまなアクティビティーも楽しむことができます。入り口付近には、お土産屋さんやコンビに、案内所もあるので安心。城山日出峰と書かれた石碑は記念撮影して、チケット売り場へ進むことをおすすめします!

城山日出峰の読み方は?

城山日出峰(성산 일출봉)は、ソンサンイルチュルボンと読みます。

城山日出峰のアクセス方法

私は、カーレンタルをしてきましたが、カーレンタルするためには国際運転免許が必要です。左ハンドルで道路もすべて逆。右ハンドルの日本人にとっては、慣れない運転になり、注意する必要があります。

タクシーで行き方

チャータータクシーで観光するのが人気。済州国際空港でチャータータクシー契約をするのがおすすめです!1日5万ウォン~8万ウォンつまり1万円以内で利用することが可能!複数人で効率的に済州島を観光するならタクシーをチャーターするのがおすすめです!

バスで行き方

710系統の市外バスは、ほとんどの観光地スポットに停車しますが、日本語表記がありません。ドライバーに行き先を伝えましょう。バス自体の本数が少ないので、急ぎの方にやはりタクシーがおすすめです。

世界遺産!城山日出峰を観光してみた!

済州島の城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)をトレッキングしてきました!

駐車場からすぐ、入り口付近に設置されている城山日出峯と大きく書かれた石碑で、まずは記念撮影。周辺にはチケット売り場や、お土産屋さんがあります。

入り口前のチケット売り場でチケットを購入してから、整備された道を登っていきます。時刻は17時。日没前なのですでに終了間近のアナウンスが流れ始めています。初めは坂道です。

巨大岩の手前から階段を登っていきます。後ろを振り返ると絶景。所々に珍しい岩があり、韓国語中国語英語日本語の説明書きもあります。

チェジュを一望できるほど高く上ってきました。

無事に登頂!

頂上は、しっかり整備され座るところもあり、今は草原となった広い噴火口を上から眺めることができます。

下りもまたひたすら階段を下りていきます。ふと顔を上げると日の入りの瞬間も見ることができました。

所要時間は往復1時間ほど。簡単なトレッキングを楽しむことができました。

城山日出峰へ行くなら日の出もおすすめ!

城山日出峰頂上から日の出を一目見ようと訪れる観光客が多いようです。

城山日出峰の情報@営業時間や入場料は?

営業時間は19時となっていましたが、私が訪れた日没寸前の17:30頃にはすでに入場終了のアナウンスが流れ始めていました!

海女さんのショー、モーターボートや乗馬などのアクティビティも既に終了していたので、早めに行くことをおすすめします!

営業時間:3~9月 7:00~20:00、10~2月 7:30~19:00 (入場は閉園1時間前まで)※日の出、日の入りの時間によって入場時間の変更あり
入場料:大人 2,000ウォン、学生・子ども 1,000ウォン
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク